ひばり工房ブログ

メガネの小言。

野焼きと軽トラ。

2019.03.26 Tuesday






阿蘇に春の訪れを告げる行事の一つ。


野焼き。






親父に任せきりだったが
10年ぶりに参加した。













三方開きをチョップした
ヒバリオリジナル軽トラに
火消し棒をくくりつけ
早朝の外輪山を目指す。














快晴のミルクロードは
軽トラ率が高い。














団長の挨拶から始まり
「皆の者、火を放て!」と
言わんばかりの写真である。















戦場に向かうかの如く
兵を乗せた軽トラは列を成して進む。















火消し棒を高々と掲げて
士気を高めて いざ出陣。
















各々が配置に散らばる。















放たれた火は瞬く間に野を焼き尽くす。






























一度火が入ると燃え尽きるまで
手を出すことは出来ない。













焼けた後のこのハッキリとした
コントラストが大好きである。














お昼は 遠足気分で弁当を食べる。
アウトドア気分でガス持参。


周りの長老たちにハイカラ扱いされながら
カップラーメンを食べる優越感。







午後の部も始まり
移動中に滑走路の近くで待機。












エンジン付きのセスナで
グライダーを引っ張って上空で
切り離して飛んで遊ぶらしい。

野焼きのお陰で上昇気流が凄いとの事である。









パイロットが近づいて来て
「皆さんが働いてる時に遊んでいて
本当に申し訳ない。」と 話す。



全然気にはしてないけど
炎だけには突っ込まないでと
切に願った。
















終盤、ミルクロード沿いを
恐ろしい勢いで焼き尽くした。














交通規制も解除され
一般車両が通行始めた。





火消し棒を担いだ自分達を主役扱いし
観光客が視線を浴びせる。



気分のいいものだ。










やりきった充実感の中
朝の集合場所に帰り着く。
















野山に佇む軽トラが
一段とカッコよく見えた。











おわり。










コメント
こんばんわ、ひばり工房のファンです。
牧野はどちらですか?野ボラです。
  • by KENGO NAGATA
  • 2019/03/29 8:57 PM
コメントする